イノベーショナル・ビジネスのフロムウェスト。
毎日のありきたりな生活も、ほんの少し視点をずらすだけで色々な発見があります…。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 後発途上国のバンキング事情。そこには最先端技術が! | main | 「iHologram」 for iPhone 走る猫キャラ in 3D? >>
ウェアラブル iPad ?

iPad Sprocket Pocket from MAYAnMAYA on Vimeo. ※再生速度が遅い場合はHDをOFFにしてご覧ください。

祝!iPad日本国内販売開始! これから日本の街中でもiPadを目にする機会が増えると思いますが、こういう使い方はなかなか見ないでしょう。
しかし、これは楽しいアイデアですね。iPadをこういう風に使うという発想はどこから生まれるのでしょう?

加速度センサーを利用して、傾いた方角に矢印を出す、あるいはSTOPマークを表示するだけのシンプルな機能のアプリケーションを作成してインストールし、特製ポケットに収納したiPadをジャケットに貼り付けるだけのものですが、目からウロコのアイデアです。

しかも、MAYA Design社では、米国内でのiPad発売前の24時間で9点の試作を完了し、4点は自転車に乗っているiPadオーナーに向けてApple Storeで配布したそうです。

コンセプトとしては、iPadが今後巷にあふれて価格が下がった場合にこういう利用の仕方もできるのではと半分ジョークも交えての提案のようです。確かに、現在のUS$600からする高価なiPadをこのような使い方をすることは想定されていないかもしれませんが目的しだいでその価値は変わると思います。

この作品から発展して周りからはいろいろなアイデアの提案がされています。

・電子ネットワーク・プログラミング・グラフィックT-シャツ
・デモ行進の際、全員が身につけるメッセージ・ボード
・交通指導員に着用させる
・広告を表示するT-シャツ、パーソナル広告ボード
・フットボール・ゲームの会場で応援する際のジャイアント・メッセージのモザイク・T-シャツ

等など、他にもユニークなアイデアがたくさんありました。

ここから見えてくるのはiPadは単なる情報を受信する端末としてだけではなく、様々な場面での情報発信ができるコミュニケーション・ツールとしての姿です。(iPhoneも同じ機能がありますが、サイズが大きくなり視認性が高まったことで可能になったと言えますね。)

しかし、これジャケットやシャツに貼り付けなくてもデイパックを加工して入れるだけでもできそうですね。いろいろ面白い企画ができそうです。


FLUX ON LINE はこちら ⇒

Trackback URL
http://blog.fromwest24.com/trackback/962264
TRACKBACK



TweetsWind